ミニマルについて

undetroze
undetrozeのプリントデザインのメインは三角や円、タンポグラフィなど、とてもシンプルです。
この概念を”ミニマル”といいます。今回はミニマルについて書いていきます

ミニマル

ミニマルは最小限という意味です。余分な装飾などを削ぎ落し、本質をわかりやすくクリアに、そして際立たせます。シンプルがゆえ心寂しく思う人もいると思いますが、その分メッセージを直線で伝えられ、洗練された美しさがあります。直球ゆえ小さな歪みなどが目立ってしまい、細部への追求が必要です。

ミニマル・ミュージック

音楽の分野にもミニマルはあります。最小限の音で構成された音楽です。

人力ミニマルテクノユニット「Brandt Brauer Frick」の”BOP”

ドイツのアーティストですが、この公式のMVになぜか日本語字幕が埋め込まれています。ひとつひとつの楽器の音はシンプルですが、全体で絡めるとテンポがかなり複雑です。なのにまとまっていてかっこいいです。

ミニマル・デザイン

Apple_Products

デザインの世界にもミニマルはあります。
プロダクトデザインで分かりやすいの製品はiPhoneです。デザインを最小限にする事で、洗練、クリアになり、性能とデザインを研ぎ澄ませます。
Apple社にミニマルデザインが多いのは故スティーブ・ジョブス氏によるものです。ジョブス氏の美しさのこだわりがもの凄いです。
ハードディスクを内蔵し、コンセントひとつで動くオールインワンデスクトップのiMacのデザインもミニマルです。
iPodのデザインもシンプルですが、そこに至る開発が興味深いです。
1000曲の中から、聞きたい曲を選ぶまでにジョブス氏は三回ボタンを押すだけで聞けるようなUI(ユーザーインターフェース)にと指示、そしてスクロール・ホイールでそれを解消、シンプルなデザインを可能にさせました。スクロール・ホイールから、画面に直接操作できるiPhoneへ発展させていきます。

最近のUIデザインのトレンドがフラットデザインです。フラットデザインを初期に取り入れたはiOSです。フラットデザインはWebページやアプリケーションのデザインパーツの影の装飾を極力減らしてフラットに見せるデザインです。

このように、最近はミニマルデザインを日常生活で見る事が多くなっています。

ミニマル・アート

元々1960年代の半ばから、アメリカを中心に現象した還元主義的な傾向「ミニマリズム」から生まれました。
代表的なアーティストを紹介していきます。

ピエト・モンドリアン

mondrian

ドナルド・ジャッド

judd6  Unknown

カール・アンドレ

カール・アンドレ2  カール・アンドレ

ダン・フレイヴィン

dan-flavin
ポール・マッカートニーの2013年に発売された最新アルバム「NEW」のジャケットはダン・フレイヴィンの影響が強い

日本とミニマル

Flag_of_Japan

日本は古来よりミニマルに精通しているのかなと思います。
まず国旗がそうです。赤い円だけで「日出る国」を表現しています。これってものすごい事だと個人的に思っています。
家紋もそうです。
他には伝統文化である俳句や茶道、陶器なんかも「本質以外を削ぎ落し際立たせる」という点で共通しているのかもしれません。
家紋

undetrozeがミニマルを採用している背景

アンデトローゼは「一点物デザイン」を最重視しています。
ミニマルデザインならば、シンプルゆえ配置の組み合わせで無限の応用デザインが可能です。
また、色彩中心の偶発を誘導したマーブルプリントのときも、デザインが主張しすぎず、形と色彩のバランスが非常に良いという事からミニマルを採用しています。

ミニマルデザインについてですが、私はグラフィックデザイナーもしており、これは個人的な事かもしれませんがデザインをつくっていくと不必要なモノがだんだんわかってきて、それを排除していきたくなります。そうしてできた作品は、洗練された美しさがあります。
また、ミニマルはどの時代にも通じる美しさがあり、普遍です。

今後はイラストなどのデザインも取り入れていく予定ですが、基盤は「一点物」「色彩」「ミニマル」で変わらないです。